| English
 

早稲田大学当地事務所開設に際しての総領事主催日米大学交流支援レセプション 戻る

フォトギャリー

8月8日、猪俣総領事は、早稲田大学サンフランシスコ事務所開所のため鎌田薫総長以下幹部が当地を来訪 した機会を捉え、当地で日本の大学との交流を進めるカリフォルニア大学(UC)機構、日本の大学のネット ワーク機関であるベイエリア日本大学ネットワーク(JUNBA)他関係者70名を招き、日米大学間交流促進を 支援するレセプションを共催しました。レセプションに先立ち、総領事より、UC及びカリフォルニア州立大 学機構(CSU)による海外留学制度やJUNBAの大学国際化活動により、当地では日米大学間交流が活発に行わ れており、総領事館としても今後更にこれを支援していきたい旨挨拶しました。
早稲田大学からは、鎌田総長から早稲田大学の「Waseda Vision 150」構想の紹介を含めた同大学の最近の活 動についての講演があり、内田勝一副総長及び山川宏理工学術院長より、同大学の国際展開や米国との交 流について紹介がありました。UC機構を代表してスーザン・カールソン副学長補よりは、UC機構と日本との 長年にわたる関係や現下の活発な交換留学、学術交流について説明がありました。最後に、松尾正人ベイエ リア日本大学ネットワーク(通称JUNBA)(会長(九州大学)より、シリコンバレーのイノベーティブな精神 や技術革新から得ることは多く、JUNBAを通じて米国との交流を更に進めていきたいとする日米大学間交流の 意義についての挨拶がありました。

日時: 8月8日
場所: 総領事公邸


本件についての照会は、山光領事(E-mail: inf@cgjsf.org)まで。


 
ページ先頭へ戻るページ先頭へ


 
サイトマップ法的事項アクセシビリティについてプライバシーポリシーご意見箱