トパーズ博物館開所式への出席

7月8日(土)、山田淳総領事は、平木塲在デンバー総領事と共に、ユタ州デルタで行われたトパーズ博物館の開所式に出席しました。第2次世界大戦中、主にサンフランシスコ・ベイエリアの11,000人以上の日系人が、ユタ州にあるトパーズ日系人強制収容所に収容されました。この歴史を保存するために建設されたトパーズ博物館の開所式に、ビショップ連邦下院議員、ベックウィズ・トパーズ博物館理事長ら400名以上の関係者が参加しました。山田総領事と平木塲総領事は、他の来賓と共に、トパーズ博物館のテープカットを行いました。

トパーズ日系人強制収容所跡にて(左:シンジ・エシマ氏(同氏の御尊父がトパーズ収容所に収容)、右:山田総領事)

トパーズ博物館におけるテープカット(右から2番目が山田総領事、右から3番目が平木塲在デンバー総領事)

トパーズ博物館開所式で挨拶をするベックウィズ・トパーズ博物館理事長

トパーズ博物館開所式で挨拶をするビショップ連邦下院議員

おすすめ情報

サイトマップ法的事項アクセシビリティについてプライバシーポリシーご意見箱