全米日系歴史協会年次イベントへの参加

5月5日(土)、宇山智哉総領事はサンフランシスコ・プレシディオで行われた全米日系歴史協会年次イベントへ出席しました。当日は「1988年市民自由法」の成立30周年を記念して、同法の成立に貢献した4団体が表彰されました。「1988年市民自由法」により、アメリカ政府は初めて公式に第二次大戦中の強制収容に対し日系アメリカ人に謝罪し、署名した日に生存している被強制収容者全員に対してそれぞれ2万ドルの補償金を支払いました。

挨拶を行う宇山智哉総領事

挨拶を行うリズ・メリッカ・プレシディオ財団キュレーター

受賞団体「コラム・ノビス・リーガルチーム」を代表して挨拶を行うドン・タマキ弁護士

宇山総領事とロザリン・トナイ全米日系歴史協会事務局長

おすすめ情報

サイトマップ法的事項アクセシビリティについてプライバシーポリシーご意見箱