米軍艦サンフランシスコ・メモリアル式典への出席

5月27日(日)、宇山智哉総領事は、ランズ・エンドにある米海軍重巡洋艦「サンフランシスコ」の記念碑の前で行われた同艦メモリアル式典に出席しました。重巡サンフランシスコは第2次世界大戦中の軍艦で、1942年11月のガダルカナル沖の海戦で多くの戦死者を出しました。米軍艦サンフランシスコ・メモリアル財団により毎年追悼式典が行われており、昨年からは日本総領事が日本政府代表として招待されています。宇山総領事は挨拶の中で、日本政府及び日本国民を代表して、戦争の犠牲となった全ての人に哀悼の意を表すとともに、かつて敵同士であった日米及び日本のオーストラリアは、現在では和解の力を体現していると述べました。

式典で挨拶する宇山総領事

ジョン・マクナイト米軍艦サンフランシスコ・メモリアル財団会長による挨拶

フランク・ジョーダン元サンフランシスコ市長による生涯奉仕賞受賞後の挨拶

クリス・オールドフィールド・オーストラリア総領事を含む参加者との記念撮影

おすすめ情報

サイトマップ法的事項アクセシビリティについてプライバシーポリシーご意見箱