Frameline42における日本映画上映のご案内

本欄に画像を表示

在サンフランシスコ日本国総領事館はFramelineと共催で、
6月に開催される映画祭「Frameline42」の期間中に、国際的に高い評価を受けているLGBTQをテーマとした日本映画2作品を上映します。

フレームライン映画祭(サンフランシスコ国際LGBTQ映画祭)はLGBTQをテーマとした映画祭としては世界で最も長く続いており、世界最大規模を誇る映画祭です。

「彼らが本気で編むときは、」(英題:Close-Knit)

本欄に画像を表示

上映日時: 6月17日(日) 16:00開始
会場: Roxie Theater
3117 16th St. San Francisco, CA 94103


概要: 育児放棄された少女トモ、叔父のマキオとトランスジェンダーの恋人リンコの、3人が織りなす共同生活を描いた人間ドラマ。『かもめ食堂』(2006年)、『めがね』(2007年)などで、日本映画の新しいジャンルを築いてきた荻上直子監督のオリジナル脚本による作品。第67回ベルリン国際映画祭テディ審査員特別賞をはじめ数々の賞を受賞している。

監督:荻上直子
2017年公開・127分・英語字幕
ジャンル:ドラマ
受賞歴:第67回ベルリン国際映画祭テディ審査員特別賞及び観客賞受賞(2017年)、他

「Of Love & Law」

本欄に画像を表示

上映日時: 6月23日(日) 18:30開始
会場: Roxie Theater
3117 16th St. San Francisco, CA 94103


概要: 大阪で弁護士事務所を共同経営し、プライベートでもパートナーであるゲイの弁護士カップルの3年間を追いかけながら、日本社会の様々な現実を描いた作品。米西海岸初公開となる同作品は、香港国際映画祭や東京国際映画祭での受賞をはじめ世界各国の映画祭などでも上映されている。

監督:戸田ひかる
2017年公開・94分・英語字幕
ジャンル:ドキュメンタリー
受賞歴:香港国際映画祭ドキュメンタリー大賞受賞(2018年)、他

おすすめ情報

サイトマップ法的事項アクセシビリティについてプライバシーポリシーご意見箱