国籍喪失届

ご本人の志望により、外国籍を取得(帰化) した方は、その国籍を取得した時点で、日本国籍を喪失したことになります。この事実を戸籍に反映させるために、国籍喪失届を在外公館、又は日本の区市町村役所に提出しなければなりません。
当館に提出される場合、下記の必要書類を揃えて提出されてください。
 

1. 必要書類

(1) 国籍喪失届書 2通
(2) 帰化(外国籍(米国市民権)の取得)の事実を証明する文書:
(ア)帰化証明書の原本を窓口に提示できる方は、窓口に提出していただきます。
           係員が確認後、その場で返却いたします。郵送はしないでください。
(イ)帰化証明書の原本が提示できない方は、宣誓供述書(AFFIDAVIT)2通 ここをクリック
(3) 上記(2)の和訳文 1通  :
(ア)帰化証明書の和訳文 ここをクリック
(イ)宣誓供述書の和訳文 ここをクリック
(4) 現在お持ちの日本国旅券(パスポート)

2. 届出書の請求方法

届出書及び記載要領等を当館で準備しております(ホームページからダウンロードできません)。予め届出書の受領を希望される方は、直接当館窓口に申し出るか、届出書の請求用紙をダウンロードして記入したうえで、1.57ドルの切手を貼った返信用封筒(9x12インチ)を同封して郵便にて請求し てください。

3. その他

○届出書に本籍地を記載しなければなりませんので、予め本籍地の番地までご確認ください。
もし戸籍謄本(抄本)をお持ちであればコピーを提出してください。

○宣誓供述書(AFFIDAVIT)の作成方法は、公証人(Notary Public)で公証を受けていただきます。Notary Public は、口座のある銀行やお住まい近くのUPSで、出来きますので、ご自身でご確認いただきますようお願いいたします。

○必要書類は郵便等により提出していただくこともできますが、郵送等に伴う事故・紛失等については当館では責任を負いかねますのでご了承ください。特に、帰化証明書は重要な書類ですので、窓口で直接提示ができない場合は、帰化証明書を郵送しないで、宣誓供述書を2通提出してください。
サイトマップ法的事項アクセシビリティについてプライバシーポリシーご意見箱