第47回小学生日本語お話大会開催のお知らせ

在サンフランシスコ日本国総領事館、北加日米会及び北加日本語教師会は、下記の要領にて「第47回小学生日本語お話大会」を開催致します。

開催日時

2019年3月3日(日)、午後1時~午後4時30分

開催場所

Japanese Cultural and Community Center of Northern California (JCCCNC)
1840 Sutter Street, San Francisco, CA 94115

参加資格

  1. 現在、当館管轄地内の現地の小学校に通学している児童
  2. 3才以後3ヶ月以上日本に継続滞在経験がないこと
  3. 学校での外国語としての日本語学習の時間が、1週間に合計8時間以下の小学生(家庭でのみ日本語を学習している児童も対象)
  4. 過去に本大会で優勝経験のある児童は、同じグループでは参加出来ません

大会部門

次の2グループに分け、各部門ごとにコンテストを行います。

グループA: 1~3年生

第1部門:家庭で日本語を話さない(家庭に日本語を理解する人がいない)児童
第2部門:家庭で日本語を話す児童

グループB:  4年生以上

第3部門:家庭で日本語を話さない(家庭に日本語を理解する人がいない)児童
第4部門:家庭で日本語を話す児童

参加の申込み

  • 各学校から各部門につき1名(及び補欠候補2名)応募することができます。参加申込み及び必要書類は、各学校(教師)からの提出とし、生徒個人及び保護者からの申込みは受け付けておりません。(家庭学習を行っている等、特別な事情がある場合には個別にご相談ください。)
  • 申込みの際に、それぞれの児童の部門、代表または第一補欠候補、第二補欠候補を明記してください。
  • 参加申込みの締切は、2019年2月8日(金)午後5時必着です。
 

提出書類

下記書類をダウンロードし、必要事項を記入の上、当館文化事業コーディネーターまでEメールmariko.takei@sr.mofa.go.jp)にてご提出ください。
*受領の連絡が無い場合は、415-780-6091まで電話にてご確認をお願いいたします。

 

参加者の決定

申込みの受付けは先着順に各部門10名までとし、10名に満たない場合には日本語履修者数の多い学校から順に補欠者を繰り上げます。なお、10名に満たない部門が生じた場合には、全4部門の参加者数の合計が40名に達するまで補欠者を繰り上げるため、参加者数が10名以上となる部門がある可能性があります。
*注:近年、本大会に参加される児童の日本語能力レベルが上がってきていると感じており、日本語教員並びに保護者の皆様の日々の努力に改めて感謝申し上げます。一方で、参加部門の申請が不適切と疑われる事例が散見されます。つきましては、本大会の出場者間の公平性を維持するべく、参加申込みを行う教師の皆様におかれましては、出場する児童が日本語を話す家庭の児童か否かにつき慎重にご確認くださいますようご協力をお願い申し上げます。参加資格及び参加部門の申請に虚偽が判明した場合、または出場者が本大会の参加に不適格であると実行委員会が判断した場合には、参加資格及び出場結果を取り消します。

審査基準及び規則

  • 内容、発音、表現力
  • お話の題目は自由
  • お話の長さは2分以内とします。なお、2分を超えた場合には審査員による最終審査の段階で減点を行います。
  • 題目に関連した小道具(実物や絵等)を使いながらのお話も可能です。ただし、電子機器や電化製品の使用は認めません。また、コンテストの進行に影響するような小道具の使用は認められません(例:過度なセットアップ/片付けを必要とする小道具など)。小道具のセットアップや片付けも2分の制限時間に含まれます。一人の参加児童が複数の小道具を使うことも可能ですが、2分の制限時間を超えた場合、減点の対象となりますのでご注意下さい。
 

賞品

参加児童全員に参加証書と賞品、また各部門1位~3位の児童には入賞の表彰状とトロフィーが授与されます。

問い合わせ

在サンフランシスコ日本国総領事館 広報文化センター
文化事業コーディネーター 武井
電話:415-780-6091
メール:mariko.takei@sr.mofa.go.jp

Japan Information & Cultural Center
Consulate General of Japan in San Francisco
275 Battery Street, Suite 2100
San Francisco CA 94111

過去の「小学生日本語お話大会」開催結果

サイトマップ法的事項アクセシビリティについてプライバシーポリシーご意見箱