JETプログラム新規参加者向け英語教授法のワークショップ実施(サンフランシスコ)

6月22日(土)、当館において、今年8月に訪日するJETプログラム(注)新規参加者のための事前研修として、英語教授法のワークショップを実施しました。講師には、元JET外国語指導助手(群馬県、2010年―2015年)で、現在はサンノゼ州立大学のMultilingual Writing Support ServiceコーディネーターであるAmy Russo氏をお迎えしました。研修には19名が出席し、渡日前に英語指導の基礎及び日本人英語教師(JTE)とのチーム・ティーチングについて学びました。今年で三年目になる本研修は毎回大変好評なため、渡日前に当館とサンノゼ州立大学にて2回実施しています。

(注):JETプログラムとは、Japan Exchange and Teaching Programmeの略称であり、外務省、文部科学省、総務省の協力のもと、地方公共団体が、諸外国の若者を特別職の地方公務員として任用し、日本全国の小学校、中学校や高校で外国語やスポーツなどを教えたり、地方公共団体で国際交流のために働いたりする機会を提供する事業です。

JETコーディネーターと講師を務めるRusso氏による挨拶

講師の話に耳を傾ける参加者たち

グループワークの様子

グループワークの様子

集合写真

おすすめ情報

サイトマップ法的事項アクセシビリティについてプライバシーポリシーご意見箱