日本国政府とアメリカ合衆国カリフォルニア州との間の気候変動対策並びに経済及び貿易関係の強化に関する協力覚書の署名

2022/3/21
Japan-California MOC Signing
3月21日 (月)、サクラメントにおいて、我が方冨田浩司駐米大使と、先方ギャビン・ニューサム・カリフォルニア州知事との間で、気候変動対策等に関する協力覚書への署名が行われました。この協力覚書では、気候変動、貿易及び投資、再生可能エネルギー、エネルギー貯蔵、ビジネス交流、ゼロ・エミッション車、高速鉄道その他旅客向け鉄道サービス、公共交通、水の保全及び管理が具体的協力分野として位置付けられています。

この協力覚書に基づき、日本政府とカリフォルニア州は、気候変動対策等に関する取組における協力を一層強化していきます。

協力覚書はこちら(日本語版)、(英語版

おすすめ情報