ラスベガスにおける観光ツアー参加に関する注意喚起

ラスベガスを拠点とする現地バスツアーなどは、インターネット等で検索・予約が可能ですが、その中には、米国の法令・規則に違反する形で遠距離運転を日帰りで強行する観光ツアー等の例が散見されます。
米国の法令・規則では、米国内で商業車両を運行する際は、運転手の1日あたりの労働時間は15時間を超えてはならないと規定されています。これを超えるような運行の場合、運転手が過労等を理由に事故を誘発する可能性も排除し得ません。
観光ツアー等に参加する場合は、参加者の安全確保という観点からツアーを催行している業者が、これら法令・規則を遵守しているツアー行程となっているか否か等について参加者自身で事前に十分情報収集されるようお勧めします。

(参考)

商業用車両運行に関する米国運輸省(USDOT)の規則

 
問い合わせ先
在サンフランシスコ日本国総領事館 担当:領事班
TEL (415)780-6000

おすすめ情報

サイトマップ法的事項アクセシビリティについてプライバシーポリシーご意見箱