洪水被害発生に伴う注意喚起

ポイント

関係機関や現地報道等から現地の最新情報を入手してください。

  1. 2月28日(現地時間)、カリフォルニア州知事は、サンフランシスコ湾北部地域における豪雨により発生した洪水被害により、アマドール(Amador)、グレン(Glenn)、レイク(Lake)、メンドシーノ(Mendocino)、ソノマ(Sonoma)の5郡に対して、非常事態宣言を発出するとともに、連邦政府に対して支援要請を出しました。

  2. 同地域においては、洪水や地滑りによりインフラへの被害が発生しているほか、カリフォルニア州北部のその他の地域においても、冬期の荒天により暴風雨が続いていることから,突発的な洪水や鉄砲水に対して注意が呼びかけられています。

  3. つきましては、当地に渡航・滞在を予定している方は、下記の関連ウェブサイトや現地のニュース等を参考に最新情報の収集に努めていただくとともに、関係地域への訪問日程・移動経路若しくは訪問地を変更する等、災害や事故に巻き込まれないよう安全確保に努めて下さい。
    また、発生地域周辺に滞在中の方は、避難に備え懐中電灯・携帯用ラジオ等を手元に置いておくほか、避難時の携行品等を事前に準備し、家族等に緊急の連絡先を知らせ、事前に避難経路を確認するとともに、必要な場合には安全な場所に避難する等の安全対策を講じてください。

  4. 万一、災害に巻き込まれた場合は、現地当局が発表する警報・指示等に従って安全確保に努めるとともに、ご自身の安否等の状況について日本の留守家族及び最寄りの日本国大使館または総領事館に連絡してください。

  5. 海外渡航の際には万一に備え、家族や友人、職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。
    3か月以上滞在される方は、大使館または総領事館が緊急時の連絡先を確認できるよう、必ず「在留届」を提出してください。
    3か月未満の旅行や出張などの際には、渡航先の最新の安全情報や、緊急時に大使館または総領事館が連絡を受け取ることができるよう、外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html

問い合わせ先

在サンフランシスコ日本総領事館・領事部
電話:415-780-6000
FAX:415-767-4200

おすすめ情報

サイトマップ法的事項アクセシビリティについてプライバシーポリシーご意見箱