当館職員の新型コロナウイルス感染

2021/12/23
本日23日、当館職員が新型コロナウイルス感染症に感染していることが判明しましたところ、以下のとおりお知らせします。

  • 12月23日 (木)、当館職員が新型コロナウイルス感染症に感染していることが確認されました。
  • 当該職員はブースターを含めワクチン接種済みでしたが、12月23日 (木) に検査結果が陽性と確認され、現在自宅療養中です。また、当該職員は窓口での対応を含む領事業務を担当しており、12月21日 (火) まで出勤していました。現在、当該職員が応対した来館者への連絡を行っているところです。
  • 領事業務を担当する当館職員については、全員ワクチン接種を完了 (Fully Vaccinated) しています。
  • 領事窓口、待合室及び総領事館内の消毒を実施済みです。
  • 在サンフランシスコ総領事館としましては、新型コロナウイルスの感染が依然として続いている現状において、邦人保護を含む領事業務に支障がないよう、引き続き職員に対する感染予防、感染拡大防止に必要な対策を講じてまいります。

おすすめ情報