在外選挙について

 
Q 在外選挙とは何ですか?
A 在外選挙とは、日本の国政選挙(衆議院・参議院議員選挙)が実施される際に、海外に在住する日本国民も投票出来る制度です。
 
Q どのような手続きが必要ですか?
A (1) あらかじめ管轄の在外公館(大使館、総領事館)を通じて在外選挙人名簿への登録申請をして、「在外選挙人証」を取得しておく必要があります。以下の条件を満たす方が申請できますので、是非ご登録ください。
  • 18歳以上の方
  • 当館の管轄区域に引き続き3ヶ月以上滞在されている方
  • 日本を出国する際に市区町村役場に転出届をされた方
  (2) 手続きは、本人確認できる書類(パスポート、官憲発行のフォトID等)と住所を確認できる書類を持参の上(事前に在留届を提出している方は不要です)、申請書を記載し、当館窓口に申請ください。なお、申請書が必要な場合は総務省ホームページからダウンロードの上、プリントアウトして利用できますので、ご利用ください。
  (3) 事前に在留届を提出されている方は、同居家族による代理申請が出来ます。代理申請されるご家族の方は、(2)に記載した書類及び申出書(申請者記入)を持参の上、窓口に申請ください。
  (4) 申請受付後、当館及び外務省を経由して所管の選挙管理委員会に送付されます。ご本人の手元に在外選挙人証が届くのは申請から2,3ヶ月後となります。
 
Q 投票はどのように行われるのですか?
A 投票方法は以下の3通りです。ご本人が希望される方法で投票できます。
  (1) 在外公館投票:在サンフランシスコ総領事館に設置される投票所にて投票を行うことが出来ます。在外選挙人証とパスポートをご持参ください。
  (2) 郵便投票:在外選挙人証と「投票用紙等請求書(総務省ホームページからダウンロードできます。)」を選挙管理委員会に郵送し、投票用紙の交付を受けた上で、再度記入した投票用紙を送付することによって、お宅にいながら投票することが出来ます。
  (3) 帰国投票:一時帰国した際や、帰国後国内の選挙人名簿に登録されるまでの間、一般の投票と同様に、選挙当日の投票、期日前投票、不在者投票のいずれかにより投票することが出来ます。なお、その際も在外選挙人証が必要ですので、忘れずにご持参ください。
サイトマップ法的事項アクセシビリティについてプライバシーポリシーご意見箱