離婚証明発給申請手続

離婚証明は本人がいつ離婚したかを証明するもので、英文で発給します。

1. 必要書類

  • (1) 申請書
  • (2) 有効なパスポート
  • (3) 滞在許可を示すもの(永住権(グリーンカード)、ビザ等)
  • (4) 発行日より6ヶ月以内の戸籍謄(抄)本(婚姻・離婚の事実が記載されたもの)1通
    • (注)本籍地役場に婚姻・離婚の事実が記載されているものが必要である旨お問い合わせの上、戸籍謄(抄)本をお取り寄せ下さい。場合によっては、「改製原戸籍」や「除籍謄本」なども必要となる場合があります。
  • (5) 外国名が含まれる場合、綴りを確認できる公文書 (パスポート、出生証明書等)

2. 手数料

手数料及び支払方法についてはこちらをクリックしてください。

3. その他

  • (1) 原則としてご本人が直接総領事館窓口にお越しください。
  • (2) やむを得ない事情により,代理申請又は代理受領を希望される場合には委任状PDFを提出してください。
  • (3) 申請者は日本人の方に限られます。
  • (4) 外国籍に帰化をした元日本人の方の場合は、戸籍の除籍謄本に基づき、戸籍記載事項証明を発給することが可能です。
  • (5) 日本で離婚した外国人の方は離婚証明書を発給できませんが、離婚届受理証明書の翻訳証明書を発給することが可能です。
  • (6) 発給には通常1週間(5開館日)程かかります。
  • (7) 当館管轄地内(カリフォルニア州中北部49カウンティ及びネバダ州を管轄)に在留している方で遠隔地(当館より100マイル以上)に居住される方、お身体の不自由な方等の特別の事情がある方に限り、申請のみ郵送での受付(受領の際は、ご本人又は代理人が総領事館窓口にお越し頂く必要があります)を行っています。郵送での詳しい申請方法については、こちらをご覧ください
  • (6) 当館での取扱いは、当館管轄地内に在留している方です。それ以外の地域の方は それぞれ管轄の総領事館等へご照会ください。

ご質問のある方は当館領事班(415-780-6000 内線6102)までお問い合わせください。
E-mailでのご質問がある場合はshomei@sr.mofa.go.jpまでお願いします。質問の内容の確認のため、電話連絡する場合もありますので、必ず電話番号をE-mailに明記して下さい。
※当館の情報セキュリティ等の影響により、メールが届いていない場合がございます。そのため、数日たっても返信がない場合は当館まで電話にてお問い合わせください。

サイトマップ法的事項アクセシビリティについてプライバシーポリシーご意見箱